新年ごあいさつ


令和二年 新年明けましておめでとうございます。
皆さまにはお健やかに新しい年を迎えられたこととお慶び申し上げます。
旧年中はひとかたならぬご厚情を賜り誠にありがとうございました。
どうぞ本年もよろしくお願い申し上げます。

さて、記念すべき令和元年、天皇陛下のご即位があり大阪でも御堂筋提灯行列が盛大に行われ、私も参加させて頂きましたが、晩秋らしい凛とした空気のなか、万歳万歳の声も晴れやかに清清しいお祝いでございました。
天皇陛下のお言葉は、ここに国民の幸せと世界平和を常に願い、国民に寄り添いながら憲法にのっとり務めを果たすと誓われました。誠に恐れ多いことでございます。
みんなが穏やかで幸福な令和の時代であることを心より願うものでございます。

翻って我が街大阪市では、住民の暮らしを守る政令指定都市という権限も財源も投げ捨てるための住民投票が行われようとしています。
そもそも府と市が一つになるのに何故大阪市民にだけ投票が課せられているのでしょうか。
国の総務委員会で大阪市のような場合、権限や税財源の面でいわば格下げとも言える事態が生じて、住民の生活等に大きな影響があることから、住民投票を必要とさせて頂きましたと答弁されています。
格下げの受入れということです。大阪市民の皆さんこれだけ損をしてもいいんですねと念押しのために住民投票があるんです。

市民の皆さんには、国有の財源である固定資産税まで吸い取られ「村」以下の街となり、自主財源は四分の一に激減することを正しく理解して頂きたい、こと住民投票につきましては、子々孫々にわたるまでの平穏で幸福な暮らしを考え、市民お一人おひとり心に鎧をまとわれることをお願い申し上げます。
これからも皆さまの安心・安全・明るい未来へ向けて鋭意努力を尽くして参りますのでどうぞ今年もご指導ご鞭撻賜りますようお願い申し上げまして年頭のごあいさつと致します。

令和二年 元旦

自由民主党 大阪市会議員 西川ひろじ 

CONTACT

お問合せ


〒536-0004
大阪市城東区今福西3-15-22

06-6931-0400
06-6934-0700
nishi-kawa@ever.ocn.ne.jp