新年のごあいさつ


新年あけましておめでとうございます。
平素からの温かいご支援に心より厚く御礼を申し上げます。
輝かしい新春を迎えられた市民の皆様方に謹んで新年のごあいさつを申し上げます。


昨年の世相を反映する漢字一文字には「災」という字が選ばれましたが、流行語にもなった「災害的酷暑」、西日本豪雨災害、北海道胆振東部を襲った大地震、大阪も6月に最大震度6の地震に見舞われ、9月には猛烈な台風21号が近畿圏を直撃し甚大な被害を出しました。府内各地で長時間停電が続き市民生活は大きく脅かされました。
一見、近代的で利便性に富んだ我々の社会、日常も一皮剥けば極めて脆弱な基盤の上に成り立っていることを改めて認識する機会となりました。
地球規模での環境の変化により、近年の災害に「想定外」はつきものとなっていますが、これらの経験を糧として行政はより機敏で緻密な対応が図れるよう、今後の防災対策の積み増しを怠らず、更なる「安心・安全」に生かせるよう努力して参ります。


また、昨年は社会問題化した「あおり運転」への判決が大きな注目を集めました。無謀運転の様子はドライブレコーダーやスマホなどの動画で簡単に閲覧できますが、彼らの短絡的で理不尽な行為にはつくづく辟易とさせられます。すぐにキレる彼らの行動は、こどもの頃の躾、道徳教育の欠落が大きく作用していると思われます。
私は現在、市議会常任委員会では教育こども委員に属しております。こどもの教育については親学アドバイザーとして地元でも様々な勉強会を実施していますが、彼らに求められるのは何といっても「思いやりの心」であります。本市でも義務教育でようやく「道徳」の授業が復活しますので大いに期待をもっているところでございます。


大阪は今後ビッグイベントが目白押しであります。今年6月には20カ国・地域(G20)首脳会議、秋にはラグビーワールドカップが開催されます。2021年5月にはワールドマスターズゲームズ、そして2025年には国際博覧会(万博)の開催が決定されました。
大阪・関西がさらなる飛躍に向け、本格的な助走を開始する年である本年、年末の世相の漢字が「福」と書けるよう「災い転じて福となす」ことができますことを祈念しまして新年のごあいさつとさせていただきます。


自由民主党 大阪市会議員 西川ひろじ

CONTACT

お問合せ


〒536-0004
大阪市城東区今福西3-15-22

06-6931-0400
06-6934-0700
nishi-kawa@ever.ocn.ne.jp